2005年11月11日

食べさせる工夫


P1050046.JPG

11月11日(金)
今日も[犬の日]だって。
母は11月1日がそうだと聞いていたが…?
まあ、わんこの日だから何回来てもいっかぁ〜っ!

さて、昨日低血糖で倒れたサンタのその後を。。。
今日の数値は朝も夕方もそれほど悪くなかった。
その点はいいのだが、今日は元気がない。
食欲もなく、食べさせるのに一苦労なのだ。
健康体でわがままを言っているだけならば、
「食べたくないなら食べなくてもいいっ!」と、お腹が減るまで
取り上げる事もできるのだが、サンタの場合はそれができない。
ゴハンを食べてくれないと注射が打てないからだ。
何とか食べてくれるように工夫をしている。
おだててみたり、盛り上げてみたり…。
傍から見たら母はアホにみえるだろう。
それでもサンタはゴハンを覗き込み《フンッ!》とそっぽをむいてしまう。
別の手を考えた。フリカケと、ダシ攻撃なのだ!
フリカケは、にぼしを塩抜きして乾燥させ、すり鉢でガリゴリしたもの。
コレをゴハンにトッピング。
ダシ攻撃は、干ししいたけをお湯でもどしたそのもどし汁のこと。
しいたけは細かくして和える。
早速、試してみたが… 
イマイチ食い付きが悪く、半分程食べてストップ。
結局、8割食べるのに30分かかってしまうのだ。
病院にも相談したが、食べなくなってしまったら、後は点滴をする
しかないそうだ。
今日、血液検査の採血をしてきたのだが、その結果によっては
入院しての治療になるかもしれないと。
食べない要因が別にあるかもしれないとの事。
糖尿病の治療に集中していると、他に悪いところがあっても見逃して
しまう事があるそうだ。
明日の朝、結果を聞かせてくれることになっているが、なんでもない事を
祈るしかない!
サンタひとりを遠い所へ置いてくるのはもうイヤだ!
キリは、サンタの微妙な変化が分かるのか、サンタの側を離れない。
きっと敏感に感じ取っているのだろう。
キリはサンタのストーカー。
サンタが大好きだから、元気になって欲しいと思っているのだろう。


posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。