2005年11月10日

低血糖発作


P1050013.JPG

11月10日(木)
今夜は疲れた。
サンタが2回目の低血糖の発作でひっくり返った。
12時半に突然発作で倒れ《もう大丈夫!》とホッとしたのが
2時半。…疲れた。

今日は、朝の検査数値が悪かった。
高い血糖値を下げるために注射の量を増やした。
そして夕方の検査にもでかけた。
期待してた数値は下がらず逆にあがっていた。
また朝と同じ量の注射。トホホ…撃沈。(T_T)/~
多分この注射が効きすぎてしまったのだろう。
いつもならぐっすり眠っている時間帯に、ソワソワと落ち着かないサンタ。
キリはサンタの様子がいつもと違うのを敏感に感じ取っていたのか、
サンタの後を金魚の〇んちみたいについて回っていた。
なんとなく母も今日は変だとは感じていたのだ。
横になっていたサンタが突然、ふらふら歩きだした。
《えっ?》後ろ足がガクガクになりへたり込んだ。
腰が立たない。眼も見えてないようだ。歯茎が白い。
それでもサンタは強い前足で立ち上がろうとする。
ニュースで見た事がある《狂牛病》に似ている。
母はパニック状態。
《落ち着け、落ち着け》自分に言い聞かせた。
ガムシロップを舐めさせ、しばらく様子をみると、30分程で落ち着きを
取り戻し腰が立つようになり、歯茎もピンク色に戻った。
時計を見ると、それほど時間は経っていないのに、母には一晩過ぎたくらい
長く思えた。
《あぁ゛ーっ!もうイヤだあぁーっ!!》
最近少しづつ安定に向かっていて、調子づいていたのに…。
また気を引き締めなければ!


posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。