2005年09月25日

続・駐車場のしみ


P1060411.JPG

9月25日(日)
スタジオの駐車場はキリのトイレ。
キリがウチの子になってからというもの、トイレは外に連れていき
教えてきた。
雨の日も、雪の日も、雷でも、暑くても…。
根気強く「ちっこ、ちっこ」と言い続けてきた。
小さい頃は何度か失敗したが、今ではすっかり駐車場が自分のトイレだと
思っている。デカいトイレだ。
ところが、問題が出てきたのだ。
キリがデカくなるに伴い、ちっこの量と匂いが…。
なんせ駐車場だ。増え続ける大きなしみと匂い…。
これはマズイっしょ?
雨が降ればリセットされてしまうのだが、晴れた日が続くとキビシイ状況になる。
母はホース片手に《水まきおばはん》に変身!
生徒さんに変な香りを提供できないじゃーん!?
改善策を考えた結果、トイレの場所をお引っ越しする事になった。
これは世話人の提案。
キリがトイレに行く時は、世話人が連れていってくれる。
これにはわけがある。
サンタの目の前で母がキリ1人を連れ出すと、ストーカーサンタは
やきもちを妬くからだ。
歳をとってますます嫉妬深くなってきている。
新しいトイレは建物の一番奥の一角。
敷地内で、もちろん駐車場内だ。
ソコに向かうと《ちっこ》
をするものだと思っているらしく、トイレ移動計画はなかなかイイ成果を
挙げている。
これで駐車場のしみはなくなっていくだろう。
ちょっと淋しい気もするが…。

―キリのちっこ態勢―
キリは《ちっこ》をする時、地面におしりが近いのが
イヤらしく、少しおしりを浮かせてする。
おかげでお尻の毛は汚れないのだ。
そんなにキレイ好きだったっけぇ〜?


posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。