2005年09月10日

初別居

P1060409.JPG

9月10日(土)
あらら〜、ご無沙汰。
母はちと疲れが続いて日記を休んでしまっていた。
母はもともとダラダラの夜型人間。
母にとっては朝の病院がとにかく辛いのだ。
今日は眠いが頑張ろうと決意してカキカキしている。
実はサンタとキリは今、別居生活をしている。
今週の(月)からだからもう5日になる。
キリがおパンツをはきだして10日ほど経った頃、サンタの目にはキリしか
映らなくなったのだ。母がキリに敗北した瞬間だった。
サンタは母のストーカーなのに…。(T_T)
このまま二人を放置したら大変なことになる。(汗)
時折、6本足の超大型犬になっちゃうのだ。
見るに見かねて別居をすることに決めたのだ。
別居させるのは可愛そうだが、ひとりになってあきらめたのか、
サンタは落ち着いていた。
相変わらずサンタは数値が不安定な日々が続く。
インスリンの量が定まらず毎日変化する。
でも具合が悪いようには全然見えない。
痩せてしまった事、特別療法食を食べてる事、インスリンを打ってる事を
知らなければ、病気で療養中のわんこには見えないのだ。
キリとじゃれ合う元気もモリモリとある。
ただ、細くなってしまった足を怪我するんじゃないかと、ハラハラ
しながら見守っている。
そして遊び方が過激になってくると、母は鬼になって二人を引き離すのだ。
ケガをする前に。
別居生活はわんこも人間もとても大変。
せっかくサンタが退院してきたのだから、早くみぃ〜んなで一緒の時間を過ごしたいものだ。


posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。