2005年08月31日

泣き言

P1070074.JPG

8月31日(水)
今日の母は少し泣き言を言ってみたりして…

サンタの退院以来、検血に1日2回8日間、病院に通ってきた。
朝は9時に、夕方は6時ごろ。
正直言ってかなり疲れがピークにきていた。
検査の時間を含めて往復で1時間半。(×2回)
ところが、今日から検血が夕方の1回になったのだ!
きっと頑張った母に神様からのご褒美なのだ!
サンタの血糖値が少し落ち着いてきたみたいで、今日から1回の
検血の数値も悪くない。
数値を計らずに朝の注射をするのは少し不安だったが,今日1日過ぎてみて、
安定しているようなのでホッとしている。
このままもっと数値が安定してくれたら…
目標!1週間に1回の通院!!
注射を打つことにも慣れてきた。
というか、サンタ自体がおとなしくて楽ちんなのだ。
そういえば、サンタは子供のころから注射は痛がったり、嫌がったり、
暴れたりした事は一度もない。
イイ子なのか?痛みに鈍感なのか??
とにかくどちらにしてもイイ子だ。

糖尿病の事を色々調べて、経験者のサイトなどを見みたが、
最初はかなりショックだった。
サンタの入院中はしばらくは暗い毎日だった。
経験者が言うには…
注射を嫌がる。
痛がって暴れる、逃げる。
病気が進行して目が見えなくなる。
治療費がかかる。
母はどうしたらいいか分からなかった。
“どうしてサンタなのぉー?”と母は怒った。
《サンタと母なら病気と戦っていけるから、神様に選ばれたのだ》と
母の信頼する人は言った。
単純な母は「そっか!じゃ、頑張る!」という気になった。
―やるっきゃないっ!!―
気持ちに区切りをつけたら病気と戦う準備ができた。
できる範囲で精一杯戦っていこう。
泣き言を言っていた母は今元気です。貧乏ですが…
もう、泣き言は言わないようにしよう!と思う。
母の手作りクッキーも×、おいしいゴハンも×。
辛いのはサンタも同じなのだから…。

今日はキリに関しての報告はないので、せめて目付き
の悪い写真を3連チャンでお楽しみ下さい。

P1070074.JPG 並んでお昼寝。



P1070073.JPG “サンタ”が少し気になる“キリ”
―チラ見―




P1070072.JPG “サンタ”がかなり気になる“キリ”
―激見―  

※目付き…悪!
こんなゴル…イヤだよねぇ〜?


posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。