2005年09月02日

浮かれすぎ?


P1060402.JPG

9月2日(金)
サンタが順調だったので、少し調子に乗っていた。
《一生付き合っていかなければならない病気》
なのに… もしかしてサンタは治ってしまうかも?
とか、頭のどこかで勝手な事を考えたりしてたのだ。
イヤな予感は少しはあった。
昨日の夕方の検血の数値が悪く、あんなに喜んでいた1日1回の検血は、
たったの2日間だけで終わった。
今日からまた2回の検血に通っているのだ。
浮かれていただけに沈み方も深い。うぇ〜ん(T_T)
しばらくは真面目に通うことにしよう。

そういえば、最近キリが少しイジケぎみ。
毎日毎日、サンタと母、時には世話人の敦子も一緒に車でおでかけするからだ。
キリはひとりでお留守番になる。キリには病院は解らないし…。
きっと楽しい事をしていると思っているのだろう。
今日も車に乗り込み、ガラスドアの向こうのお留守番キリに手を振った。
キリは何が何でも連れてって欲しかったのだろう。
今日は例えようがないほどイヤ〜なうらめしい目付きだった。
母はそのままでかけられなかった。
置いて行ったら何かありそうで。
今日はそんな目付きの悪いイジケキリも車に乗せた。
車に乗って病院の駐車場で待ち、帰ってくる。
ただそれだけの事なのに…。
それでも、揺れる車の中で大スキなサンタにピッタリとくっつていられる事が、
彼女にとっての幸せなんだろう。
キリは満足気な表情だった。(気がする。)


posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。