2005年06月16日

捻挫かいな?


志津子FOMA No.5 008.jpg

6月16日(木)
キリの足は力強くて軽やか。若者だもの!
キリに比べると、サンタの足は頼りない。
体の大きさの割りには細いのだ。
だから、歩いていて良くコケる。年だからかなぁ?
コケる回数が増えてきたような…?
今日は、おサンポ中にひどいコケ方をした。
サンタは草むらに頭から突っ込むのがスキだ。
垣根などは自分の体をスリスリと擦らせて歩く。
今日の夜、また草むらに頭を突っ込んで、出てきたところで…
《グキッ!》と、コケた。
左の前足をくじいたらしく、道路に足がつかない。
歩けない程痛いらしく、おすわりしてしまった。
もう少しでおウチに着くのに… どうしよう。
こんな時、大型犬はやっかいだ!サンタは35s。
ひょい、っと抱っこもできない。
でも、おウチに帰らねばっ!
誰もいない夜の道でサンタとふたり… 
母はおウチに帰る方法を考えた。
リードを脇からお腹に回し、首輪にかけて胴輪風に。
サンタの足にかかる体重を母が持って軽くして何とかおウチに辿り着いた。
おウチに帰ったサンタは… なんと元気!
《あれっ!?治ってる。》
これでは母は“骨折れ損のくたびれもうけ”だ!
今夜は、大型犬の介護は大変だと思い知らされた。
いつまでも元気でいてほしいけど、年を取ることも受け入れなければ。
大事な家族だから、これからの事も考えていかなければ!
母には重いテーマだ。(;-_-+


posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。