2005年06月12日

憧れの鼻パックン


志津子FOMA No.5 235.jpg

6月12日(日)
【鼻パックン】は母の永遠のあこがれ。
サンタにも、先代キリにも伝授失敗!
2代目キリに教えてはみたものの、おちゃらけてしまってなかなか理解してくれない。
母は、半分あきらめていた。
最近は練習もサボっていた。
アイテムを増やすことは楽しいが、難しい。
(母にはできない…)少しふて腐れていた。
と・こ・ろ・が〜 できちゃったのだ!!
憧れの【鼻パックン】がっ!\(^O^)/
しかも、キリだけじゃなくサンタまでもできたのだ!
キリが鼻の上のクッキーを高く飛ばす(失敗作)のを見て、真似をしたのだと思う。
やはり若い子に影響されるのかしら?
でも、母だって多少は努力したのだ。
クッキーの置き方を改良してみたり。
鼻のセンターにクッキーを乗せると両目で見える。
「よしっ!」の号令でサンタはうなずいて下に落としてから食べる。
キリは勢い良く口を大きく開けて食べようとするので、後方へ飛んでいってしまうのだ。
母は鼻の上のクッキーの位置に着目した。
鼻のセンターから少し横にずらしてクッキーを置く。
するとどうだろう!? 
不安定なクッキーは、鼻を少しだけ動かすとずり落ちてくるのだ。
落ちてくるクッキーを…《パックン!》
ふたりとも、まだまだ完全な技とは言えないが、50%くらいの確立で
成功するようになった。
何事も、あきらめてはいけないのだ!


posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。