2005年06月11日

おしっこテスト


志津子FOMA No.5 086.jpg

6月11日(土)
昨日の夜の事。
雨のおサンポから帰ってからの深夜だった。
キリがめずらしくトイレを失敗した。
しかも続けて短時間に3回もだ。( ̄□ ̄;)!!
この何ケ月かは全然失敗がなかった。
《トイレは外で済ますもの》と、覚えてくれたと喜んでいた矢先の出来事だったので
少しショック!
最初の失敗は、レインコートで興奮し水を飲みすぎたのだと思った。
しかし…2回目、3回目は??
まあ、そんな時もあるだろう、と気にせず就寝。
そして今朝。世話人、敦子が騒がしい。
「キリのおしっこに血が混ざってるよ!」
イヤ〜な予感はしていたが、考えないようにしてた。
やっぱり昨夜の失敗は何かの兆候だったのだ。
いつも1回ポッキリのおサンポ中のおしっこを、サンタのマーキングみたいに
少量を何回もする。
水をたくさん飲む。お茶わんのまわりは水びだし。
(初めてバラすが、キリは水を飲むのがヘタだ。)
心配になって、おしっこテストをしてみた。
いつも来てくれる獣医の先生に預かっている検査用の〈ウロラブスティックス〉
というもの。
蛋白、ph、潜血、ブドウ糖、ケトン体などの数値を簡単に検査できる
スティック状の紙だ。
心配していた潜血は正常値。phが少し高め。
母には解らない。(◎-◎;)
先生に電話して状況を説明し、相談してみた。
多分、膀胱炎だろうとの事。
内膜症の疑いもあるが、とりあえず抗生物質で様子を見る事に。
薬は、抗生物質、下痢止め、吐き気止め、消化剤、耳の薬などひと通りは
常備している。
先生に症状を説明して指示をもらい飲ませるのだ。
(月)まで様子をみて、その後を報告して、詳しい検査をする事になりそうだ。
母は軽い膀胱炎だと信じている。
トイレを失敗したのは、赤ちゃん返りしたからで、マーキングは縄張り作りに目覚め、
血が混ざったのは世話人、敦子の目が充血していたからじゃ〜ん!
きっとそうに違いないっ!


posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。