2005年06月05日

あてつけ?


志津子FOMA No.5 005.jpg

6月5日(日)
サンタがストレスをためてるらしい。
《分離不安》という病気?も大事に抱えているが、“ストレスによって
自分を傷めつけてみせる”という最悪なあてつけも彼の得意技。
自分の足をカミカミして毛をむしってしまうのだ。
サンタの足にハゲができると、ストレスをためているか、
母に何か言いたい事がある証拠。
ここ最近は体調も良く、分離不安も出ていなかった。
しかし、先日ハゲを見つけた。( ̄□ ̄;)!!
前足にうっすら小さいハゲふたつ。
んん… おかしいな…?と思ってたら、1日で爪の付け根がすっかり
見えてしまうほどのデカさになってしまっていた。
毛がなくなって、爪がむき出し。
しかも、ずぅーっとペロペロ舐めているので皮膚が真っ赤!
ハッキリ言って、かなりグロい。
母は心配した。《皮膚病か??》
何か悪い虫にでも刺されたのかと思ったくらいだ。
獣医の先生が言っていたが、「犬は人の言う事が100%解るらしい。」と。
知らず知らずのうちにキリにジェラシーを…?
母はそれを恐れていたので、何をするにもサンタを1番にしてきたつもりだった。
どんなに気を使っても、サンタには空気で伝わってしまうようだ。
これ以上のハゲにならないように、サンタは靴下をはいている。
キリには特別なモノに見えるらしく、サンタの足が気になって仕方ない様子だ。


posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。