2005年06月30日

ご無沙汰


志津子FOMA No.5 212.jpg

6月30日(木)
やけにご無沙汰な…。
母は少しサボリすぎたような気がする…。
言い訳がましいが、多忙な毎日。
サンタとキリともあまり遊んであげてないので、彼らは少し不満げに見える。
母は夏のイベントの衣裳作りに精を出している。
毎日、ミシンと格闘している。
今のところ、勝敗は母にあり!今度はお針子だ!?
しかし、少々お疲れモード突入で今後は分からない。
図々しくも、イベントには母も出演する。
母のような人間を人は《お針子ダンサー》と呼ぶ。
8月のイベントが終わるまでは、バタバタと忙しいので、
サンタとキリには申し訳ない。
できる限りふれあいの時間を持つようにしよう。
と、いう事で時々サボリが顔を出すと思う。
あしからず。m(__)m


posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

誕生日☆


志津子FOMA No.5 220.jpg

6月19日(日)
今日のタイトルはコレっきゃないっしょ!!
だってぇ〜、めでたい初めての誕生日だもの。
「キリーっ!おめでとう!!」
あの小さかったキリが(10sもあったケド…)
ここまで成長した。(T_T)うるうる。
(良く食べてたもんねぇ〜)
母はうれしい。1歳の誕生日を元気に迎えられた。
サンタも、先代キリも1歳の誕生日は、訓練所にいて一緒に過ごせなくて
淋しい思いをさせた。(した)

《2代目キリの初めての誕生日は盛大に!》
と計画だけはしていたのだが、今日は夏のイベントのリハーサルで忙しく、
日中は留守してしまった。
全然遊んであげられなかった。キリ、ごめん。
でも、リハーサルが終わって夜になってから、世話人敦子とふたりで
「♪♪Happy Birthday…♪♪」とキリの耳元でデカイ声で歌ってあげた。
キリは時々首をかしげて聞いてはいたが、スゴく迷惑そうに見えた。
歌がヘタだったかな?
プレゼントはでかでかクッキー。
本当はケーキに挑戦しようと思ったのだが…時間がなかった。
でかでかクッキーは、先日頼まれた時に余分に焼いておいたのだ。
サンタとふたりで半分づつイイ音を楽しんでいた。
あっという間の出来事だった。
キリはまだ、サンタのように豪快には食べられないけど、
少しづつ割ってクッキーと格闘していた。
楽しみにしていた誕生日はすぐに終わってしまう。
次は2歳の誕生日。
1年も先の事だけど、来年もすぐなんだろうなぁ〜。
キリ体重33.6s
posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

キリの毛


志津子FOMA No.5 228.jpg

6月18日(土)
キリの毛はやわらかい。(1部分を除いては)
キリを触っていると、ミョ〜に落ち着くのだ。
だから母は、ついついキリをなでなでしてしまう。
頭も、お腹も、耳の毛もフワフワしてて、まだ赤ちゃんの毛みたいなのだ。
しかし、なぜか背中の毛だけは硬い。
首の後ろからしっぽにかけて、大人の硬い毛。
だから母は、あまり背中はなでなでしない。
背中はモミモミするのだ。マッサージだ。
キリはモミモミがスキらしく、うっとりしている。
特に前足がお気に入りみたいで、止めると自ら【お手】と【おかわり】を
交互にしてくる。
催促してくるキリの【お手】がなんとも楽しい。
【お手】した足の毛もやわらかい。
明日でキリは1歳になる。
毛はやわらかいし、お赤飯も炊けてない。
今日もベロを出してチュパチュパと寝ていた。
いつまで子供でいるのだろう?
まだまだハイパーなやんちゃ娘で母を困らせる。
早く大人になって落ち着いて欲しいと願う反面、いつまでもやわらかい
毛のままでいて欲しい、ベロを出した可愛い寝顔を見ていたいとも思う。
母の勝手かしら??
ウチの子だもの、多少のアホは仕方ない。
これからも元気が取り柄の子で育って欲しい。
posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

捻挫かいな?


志津子FOMA No.5 008.jpg

6月16日(木)
キリの足は力強くて軽やか。若者だもの!
キリに比べると、サンタの足は頼りない。
体の大きさの割りには細いのだ。
だから、歩いていて良くコケる。年だからかなぁ?
コケる回数が増えてきたような…?
今日は、おサンポ中にひどいコケ方をした。
サンタは草むらに頭から突っ込むのがスキだ。
垣根などは自分の体をスリスリと擦らせて歩く。
今日の夜、また草むらに頭を突っ込んで、出てきたところで…
《グキッ!》と、コケた。
左の前足をくじいたらしく、道路に足がつかない。
歩けない程痛いらしく、おすわりしてしまった。
もう少しでおウチに着くのに… どうしよう。
こんな時、大型犬はやっかいだ!サンタは35s。
ひょい、っと抱っこもできない。
でも、おウチに帰らねばっ!
誰もいない夜の道でサンタとふたり… 
母はおウチに帰る方法を考えた。
リードを脇からお腹に回し、首輪にかけて胴輪風に。
サンタの足にかかる体重を母が持って軽くして何とかおウチに辿り着いた。
おウチに帰ったサンタは… なんと元気!
《あれっ!?治ってる。》
これでは母は“骨折れ損のくたびれもうけ”だ!
今夜は、大型犬の介護は大変だと思い知らされた。
いつまでも元気でいてほしいけど、年を取ることも受け入れなければ。
大事な家族だから、これからの事も考えていかなければ!
母には重いテーマだ。(;-_-+
posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

人騒がせなヤツ


志津子FOMA No.5 269.jpg

6月15日(水)
先日のキリの異変。
やはり心配だったので、尿検査をした。結果が出た。
何の異常も見られない。
素晴らしい結果で、全て正常。健康だと言われた。
結局、いきなり暑くなって、水を頻繁に飲んだのでトイレが近くなったのだろう、
という事だった。
まったく、心配したではないか!人騒がせなヤツだ!
でも…結果は良かったのだが、ひとつ不安な事が。
血が混ざったおしっこは何だったのか?
世話人、敦子は見間違いではないと言う。
たった1回ではあるが、血は困る。
でも、それからは血は混ざらないし…。
うぅ〜ん?分からんっ!( ̄〜 ̄)ξ
そうそう、今回キリのおしっこを採取するにあたり方法を考えた。
この方法だと完璧にキャッチできるので採取の際にはご参考にどうぞ。
用意するものは…ビニール袋、ワイヤーハンガー、セロテープ。
それに本犬。
ハンガーをビニールの口の大きさにまあるく変形させて、ビニールをセットする。
おしっこが入ったときの重みに耐えられるように、テープで止めて完成。
注意する点としてハンガーを変形させる時、持ち手部分を作る事を
忘れてはいけない。
お手製採取器があまりにも良くできすぎたので、尿検査用のおしっこを
3回も採取してしまった。
ははは…バカみたいでしょ?(^^ゞ
posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

ペットボトルの捨て方


志津子FOMA No.5 202.jpg

6月14日(火)
最近、キリの仕事が看板犬の他に増えた。
捨てるのに苦労する空き箱のシュレッダーと、資源回収のペットボトルつぶし。
シュレッダー犬としてデビューしてから仕事は順調で、どんな箱でも
ひるむ事なく挑んでいる。
彼女はイイ仕事をしている。
そして最近はペットボトルを仕事の対象にし始めた。
最初、ペットボトルはキリのおもちゃだった。
いつからだろうか?
資源回収のための下準備をするようになったのだ。
少し前にキリの器用な遊び方は紹介したが、今はかなり本格的なものになってきた。
キャップ、プラスチックの輪っかをはずす。
はずした部品はそれで終了。決してそれ以上はいじらない。
その部品を自分の横に置き、次はラベルに歯をひっかけてビリビリーッ!
と、ミシン目で剥がすのだ。
これでボトルをつぶす準備完了。
最後は両手でボトルをはさんでひたすらカミカミ。
最終的に、キレイにボトルはつぶされて、そのまま資源回収のゴミ出しに
出せるカタチに変身している。
誰に教えられた訳でもないのに。
キリは人間社会に溶け込んできているようだ。
posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

憧れの鼻パックン


志津子FOMA No.5 235.jpg

6月12日(日)
【鼻パックン】は母の永遠のあこがれ。
サンタにも、先代キリにも伝授失敗!
2代目キリに教えてはみたものの、おちゃらけてしまってなかなか理解してくれない。
母は、半分あきらめていた。
最近は練習もサボっていた。
アイテムを増やすことは楽しいが、難しい。
(母にはできない…)少しふて腐れていた。
と・こ・ろ・が〜 できちゃったのだ!!
憧れの【鼻パックン】がっ!\(^O^)/
しかも、キリだけじゃなくサンタまでもできたのだ!
キリが鼻の上のクッキーを高く飛ばす(失敗作)のを見て、真似をしたのだと思う。
やはり若い子に影響されるのかしら?
でも、母だって多少は努力したのだ。
クッキーの置き方を改良してみたり。
鼻のセンターにクッキーを乗せると両目で見える。
「よしっ!」の号令でサンタはうなずいて下に落としてから食べる。
キリは勢い良く口を大きく開けて食べようとするので、後方へ飛んでいってしまうのだ。
母は鼻の上のクッキーの位置に着目した。
鼻のセンターから少し横にずらしてクッキーを置く。
するとどうだろう!? 
不安定なクッキーは、鼻を少しだけ動かすとずり落ちてくるのだ。
落ちてくるクッキーを…《パックン!》
ふたりとも、まだまだ完全な技とは言えないが、50%くらいの確立で
成功するようになった。
何事も、あきらめてはいけないのだ!
posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

おしっこテスト


志津子FOMA No.5 086.jpg

6月11日(土)
昨日の夜の事。
雨のおサンポから帰ってからの深夜だった。
キリがめずらしくトイレを失敗した。
しかも続けて短時間に3回もだ。( ̄□ ̄;)!!
この何ケ月かは全然失敗がなかった。
《トイレは外で済ますもの》と、覚えてくれたと喜んでいた矢先の出来事だったので
少しショック!
最初の失敗は、レインコートで興奮し水を飲みすぎたのだと思った。
しかし…2回目、3回目は??
まあ、そんな時もあるだろう、と気にせず就寝。
そして今朝。世話人、敦子が騒がしい。
「キリのおしっこに血が混ざってるよ!」
イヤ〜な予感はしていたが、考えないようにしてた。
やっぱり昨夜の失敗は何かの兆候だったのだ。
いつも1回ポッキリのおサンポ中のおしっこを、サンタのマーキングみたいに
少量を何回もする。
水をたくさん飲む。お茶わんのまわりは水びだし。
(初めてバラすが、キリは水を飲むのがヘタだ。)
心配になって、おしっこテストをしてみた。
いつも来てくれる獣医の先生に預かっている検査用の〈ウロラブスティックス〉
というもの。
蛋白、ph、潜血、ブドウ糖、ケトン体などの数値を簡単に検査できる
スティック状の紙だ。
心配していた潜血は正常値。phが少し高め。
母には解らない。(◎-◎;)
先生に電話して状況を説明し、相談してみた。
多分、膀胱炎だろうとの事。
内膜症の疑いもあるが、とりあえず抗生物質で様子を見る事に。
薬は、抗生物質、下痢止め、吐き気止め、消化剤、耳の薬などひと通りは
常備している。
先生に症状を説明して指示をもらい飲ませるのだ。
(月)まで様子をみて、その後を報告して、詳しい検査をする事になりそうだ。
母は軽い膀胱炎だと信じている。
トイレを失敗したのは、赤ちゃん返りしたからで、マーキングは縄張り作りに目覚め、
血が混ざったのは世話人、敦子の目が充血していたからじゃ〜ん!
きっとそうに違いないっ!
posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

梅雨入り


志津子FOMA No.5 234.jpg

6月10日(金)
今日は朝から雨。
どうやら…梅雨入りしたらしい。
はいっ!待ってましたーっ、カッパデビュー!
初めて着るレインコートに最初キリは戸惑っていた。
おしりの部分がちょっとだけ長かったけど、他はバッチリ!だと思う。
おなかがピチピチっぽいけど、これから少し痩せる予定なので今は…ガマン。
コートを着てのおサンポ。
歩き始めは、背中を覆っている布が気持ち悪いのか、しきりに振り返る。
歩く練習も兼ねているので、声をかけながら母の方を向かせる。
何度か繰り返すうちにコートには慣れたようだ。
違和感もないみたいで、トイレもしっかり済ませた。
先代キリはコートが嫌いで、慣れるのに時間がかかった。
まずコートを見たら固まる。呼んでも無視。
着せたあとは、横歩きをする。ヨコバエみたく。
次は床に背中を擦り付けて脱ごうとする。
慣れるまではトイレもできず、オドオドしていた。
2代目キリはそんな心配もなく、堂々たるもの。
サンポから帰ったキリは、泥が付いた足を水で流しておウチの中へ。
体は濡れずフキフキせずに済んだ。
こんなにサンポの後がラクなら、もっと早くコートを作ってあげれば
良かったと後悔…(T_T)
でも母は、梅雨入りに間に合って良かったとホッとしてる。。
キリのレインコートデビューは成功に終わった。
posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

バースディプレゼント

志津子FOMA No.5 122.jpg


6月8日(水)
手作り工房“Santa & Kiri”の新商品(?)
《骨型デカデカクッキー》なのだ。
コレはお客さまのリクエストで作った。
愛犬のゴルくんがお誕生日なのだそうだ。
めでたいっ!\(^O^)/
“愛犬にプレゼントを…”というオーナーの気持ちをお手伝いしたいと思い、
リクエストを受けた。
わんこの誕生日ってみんな色々考えるよねぇ〜。
そして3日前から試作品作りに突入した。
安易に試作を始めてから、かなり落ち込んだ。
うまく焼けたかに見えたのにヒビが入ってたり、はじっこがイイ色に焼けてるのに、
真ん中に火が通ってなかったり、反ってしまって飛びそうな形になっちゃったり…。
母の手作りクッキーは、歯応えがいいように低温で水分を飛ばし、じっくり焼く。
焼き時間は約50分。
骨型のサイズは約20p×12p。
試作してみてビックリ!焼き時間、なんと1時間半!
焼き上がりが、なんと待ち遠しい事か…。
何回も失敗してやっと《骨型デカデカクッキー》ができあがった。
お誕生日を迎えようとしているゴルくんは、クッキーを喜んでくれるだろうか?
せっかくの年に1度のお誕生日だから、いい思い出ができるといいな。
キリにもそろそろ初めての誕生日がやってくる。
いい思い出になるようなバースディケーキを今から試作してみようかな?
でもキリには、これから先のケーキよりも失敗したクッキーにかぶりつく事の方が
魅力的のようだ。
posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

キリ VS ムギ 第2戦


志津子FOMA No.5 154.jpg

6月7日(火)
ムギが自分のおウチに帰っていった。
ムギは母の母のわんこ。(以下、母=おかん)
今年のお正月からおかんが具合を悪くして、ムギは弟のおウチに居候したり、
ももんがのダックスチーム に入団したりして半年も経過してしまっていた。
ももんがにお揃いの服、リード、首輪を買ってもらい、狂犬病の注射と登録、
フィラリアの薬まで済ませ、すっかりダックスチームに馴染んだのだが…
おかんがムギが帰ってくるのを待っていた。
そんなおかんにムギを送り届ける予定になっていた。
どこへ行くのか分からないままムギはスタジオへ。
スタジオでトランジェットしておかんのウチへ。
そこでトラブル発生!
ひさびさに…キリ VS ムギ。
キリにしてみれば、遊び相手が来たーってカンジ。
ムギにしてみれば、ハメられたーってカンジ?
母を含め3人が見守っていたが、ヤラれまくってるムギを誰も助けようとしてないし、
ヤッてるキリを誰も止めようともしない。かわいそうかしら?
思うように攻撃できなくてイライラするキリに、鼻にしわを寄せ、
歯をムキだして反撃するムギ。
でも、ムギの反撃はダックスチームの中ではbP。
ムギの反撃には、あのキリもひるんでいた。
おウチに帰ったムギはホッとしたかに見えた。
ダックスチームに復帰することは簡単だが、もうあちこちにお引っ越しはムギも大変だ。
おかんが具合を悪くしない事が、ムギにもいいはずなのだが…
posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

ジョリッ!


志津子FOMA No.5 162.jpg

6月6日(月)
わざとじゃないっ!
キリのほっぺにバリカンの刃が…。
先週末の雨に裏切られ、わんこ達をお風呂に入れた。
お風呂に入ったあとは耳をお掃除して、バリカンでムダ毛を処理する。
何年も母がやってきた事だ。
足の毛をまあるく整え、肉球の間のハミ毛を刈る。
あとは耳をひっくり返してうぶ毛と穴のまわりも。
なんと、サンタはいじられ好きなのだ。
耳掃除は膝枕でするし、ムダ毛切りも、嫌がらずジィ〜としていてくれる。
すこぶるラクなのでいつもサンタから処理する。
昨日もサンタからバリカンで肉球のハミ毛をジョリジョリっとやっていた。
キリが音を聞き付けて駆け寄ってきた。
“何やってんのぉ〜?”
母の手元を覗き込んだその時、《ジョリッ!》
キリのほっぺたに、その筋のお方みたいなモノが…。
幸い、キリのほっぺたには線のように見えるくぼみのようなのがあって、
バリカン傷は目立たない。
ケガをしていない事を確認すると、なんだか急におかしくなってきて
大笑いしてしまった。
顔を笑ってごめんね、キリちゃん!
ウチのわんこ達はトリミングに出掛けたことがない。
なので、今までの失敗は数知れず。
今回の《ジョリッ!》も語り継がれていくだろう。
posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

あてつけ?


志津子FOMA No.5 005.jpg

6月5日(日)
サンタがストレスをためてるらしい。
《分離不安》という病気?も大事に抱えているが、“ストレスによって
自分を傷めつけてみせる”という最悪なあてつけも彼の得意技。
自分の足をカミカミして毛をむしってしまうのだ。
サンタの足にハゲができると、ストレスをためているか、
母に何か言いたい事がある証拠。
ここ最近は体調も良く、分離不安も出ていなかった。
しかし、先日ハゲを見つけた。( ̄□ ̄;)!!
前足にうっすら小さいハゲふたつ。
んん… おかしいな…?と思ってたら、1日で爪の付け根がすっかり
見えてしまうほどのデカさになってしまっていた。
毛がなくなって、爪がむき出し。
しかも、ずぅーっとペロペロ舐めているので皮膚が真っ赤!
ハッキリ言って、かなりグロい。
母は心配した。《皮膚病か??》
何か悪い虫にでも刺されたのかと思ったくらいだ。
獣医の先生が言っていたが、「犬は人の言う事が100%解るらしい。」と。
知らず知らずのうちにキリにジェラシーを…?
母はそれを恐れていたので、何をするにもサンタを1番にしてきたつもりだった。
どんなに気を使っても、サンタには空気で伝わってしまうようだ。
これ以上のハゲにならないように、サンタは靴下をはいている。
キリには特別なモノに見えるらしく、サンタの足が気になって仕方ない様子だ。
posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

ショック


志津子FOMA No.5 170.jpg

6月4日(土)
サンタとキリのフィラリアの薬をもらった。
サンタの耳餃子以来、獣医の先生に来てもらった。
久しぶりに来てキリを見た先生はいきなり、
「えーっ!どうしたのぉーっ!」と、叫んだ。
キリが太ったのを知らなかったのだ。
前回見たときは、スマートだった。健康だった。
今のキリは、頭が小さく体がデカく見える。
色々と話してみてショックな事を聞いた。
実はキリはまだ女の子になってない。
先代キリは生後6ケ月くらいでお赤飯だったから、2代目キリは、
ずいぶん前からパンツを用意したりして準備をしていたのだが…。
待てど暮らせど、お赤飯を炊く気配すらないのだ。
先代キリは赤ちゃんに恵まれなかった。
2代目にはぜひ、後継者を残してもらいたい。
今日、獣医の先生がショックな事をポツリ。
「たまぁ〜に子宮がない子がいるんだよねぇ。」
え゛ーっ!!(◎-◎;)
まさかウチのキリにかぎって!でしょぉー!
今月、1歳の誕生日がくるというのに…。
気が早いと言われると思うが、母はキリの赤ちゃんの名前を考えてニヤニヤ
しているというのに…。
でもまだキリがそうだとは決まったわけではない。
深く考えるのはやめよう。
キリの兄弟、姉妹は7人。
2人のお兄ちゃんと、4人のお姉ちゃんがいる。
キリは末っ子なのだ。
きっと末っ子は成長が遅いのだろう。
お姉ちゃん達はどうなんだろ?
もう、お赤飯炊いたかなぁ?
キリはいつ大人になれるのだろうか?
めでたくお赤飯を炊ける事を願っている。
その日が待ち遠しい母である。
posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

完成したけど・・・


志津子FOMA No.5 025.jpg

6月3日(金)
昨日の時点では、(土)まで雨だと聞いた。
母は急いでレインコートを縫った。そして完成した!
今日は、初めてのかっぱを着て雨に濡れそぼった
キリの写真でデビューの報告をするばずだった。
なのに、おとぼけサンタの顔になった。

朝起きたら、雨のはずなのに晴れていたのだ。
せっかく完成したので、試着させようとしたら…
サンタは寝てしまった…zzz
キリにも試着させようとしたら、こちらはじゃれて終わった…。トホホ
母はがんばって縫ったのに…
天気にも、わんこ達にも振り向いてもらえなかった。
悲しい1日だったのだ。
posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

かっぱデビュー


050603052948.jpg

6月2日(木)
今度はレインコート作り。
まったくいつまで手作りが続くのか…?

雨の日、サンタはレインコートを着ておサンポする。
いままでも雨の日はたくさんあったが、キリはコートを着ずに、
裸んぼでおサンポだった。
母がキリだけに意地悪をしているわけではない!
虐待でもないゾっ!
キリにもコートを作ってあげようと思っていたが、どんどん成長していて
サイズが決まらなかったのだ。
決して言い訳なんかじゃないよ〜だ。
最近、成長が少し止まってきたように見えるのと、雨に濡れたキリを拭くのが
やっかいになってきたので、そろそろ作り時かしら?と、思い立ったのだ。
先日の雨のおサンポはびちょびちょ、ドロドロになってエライ目にあったのだ。
サイズを計ってみると(工房Santa&Kiriの)大型犬用のSサイズが着れる程に
デカくなっていた。
しかも、着丈だけはMサイズだった。
ひょっとして…キリって胴長??(・・?)
レインコートは着た時にもたつくと、煩わしくて着る事をキライになってしまう。
なるべくぴったりのサイズで作る必要があるのだ。
天気予報によると、数日間は雨が続くようだ。
急いで仕上げなければ…!
キリだけ新調したらサンタに申し訳ないので、2着製作に決定!
母は、自分の首を絞める結果となった。
posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。