2005年04月25日

耳血腫効果


志津子FOMA携帯no4 018.jpg

4月25日(月)
餃子耳のその後。
サンタの耳血腫は多分治っていると思う。
ハッキリと完治したと言いたいとこだが、そう言えないのは母本人が
不安だからだ。
ぷくぷくが無くなって、圧迫固定がはずれ、今は両耳を頭の上でテーピングで
止めるという簡単な方法。
前回は、このテーピングの段階で再発したのだ。
なのでテーピングを取って耳を垂らすのが恐い。
それに、サンタ自身も耳が上がっている事に慣れてしまったようだ。
テープを取り替えようとして耳を下ろすと、普段はない耳のフチがほっぺたに触れて
くすぐったいらしく、“ビートたけし”のように首をピクピクッと振るのだ。
その様子を見ていると、また頭をブルブルと振って餃子耳が再発するんじゃないかと
不安なのである。
治っても、イタチごっこだと言われてるし…。
でも、このままだと母も大変!
サンポで出会うほとんどの人は頭の上のテーピングの事を聞いてくる。
「あら、怪我したの?」とか。
何度も何度も同じ説明をするのにも疲れた。
いつまでも耳ナシ状態じゃサンタも可愛そうだし。
ゴルなんだから耳を風になびかせてあげたい…。
テーピングをはずすタイミングがビミョ〜だ。
うぅ〜ん。φ(.. )
長期間の辛い耳ナシ状態の結果、ごほうびがひとつ。
それは… 耳が上がっているため、風通しが良くなったおかげで耳の中が
超キレイになってしまった事。
ビックリー!思わぬ耳血腫効果だっ!
そういえば獣医さんも言っていた。
垂れ耳のわんこは耳がむれるから、時々耳を上げて風を通してあげるといいんだって。
ウチのキリも時々やってるよぉ〜。
でもキリの左耳は汚い…。(^o^;


posted by でめきんとと at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。